RoHS10物質なんなのか

RoHSは電子・電気機器において特定物質の使用制限を行う欧州連合によって出された指令の事で、最初は環境負荷物質6物質が指定値を超えて含まれていますと販売を行う事が出来なくなる内容となっていました。

RoHS6指令物質とは

工業会においては2006年7月1日に施行された事により一般常識になりつつあるRohs指令6物質(RoHS6)ですがそもそもRoHS6の示す環境破壊物質とは何なのでしょうか?それは臭素系難燃剤、PBBs、PBDEs、カドミウム、鉛、六価クロム、水銀を示し樹脂、ゴムを始め、油脂、印刷材料(塗料、染料、インク)、接着剤、界面活性剤色素、金属用メッキ皮膜等に含有されておりこの6物質をRoHS6と呼びます。

RoHS6の対象物質について

RoHS指令は人体や環境に対して有害となる特定有害物質の使用を規制する物で、有害物質の拡散を防ぐ目的で欧州連合加盟国が出した指令です。

RoHS分析に必要な高度分析機器

RoHSとは、EUで発効された有害物質規制で、正確には「電気電子機器に含まれる特定有害物質の使用制限に関する指令」と呼称されます。

RoHS分析で安全性と商品価値を高める

RoHS指令とはコンピューターや家電製品をはじめとする電子機器について有害な化学物質の使用を禁止する指令で、2003年にEU欧州連合で発効し2006年に施行されました。

RoHS分析とは何か

RoHSとはEUにおける規制で、電気電子機器に含まれる特定有害物質の使用制限に関する指令の略称の事を指します。

RoHS6とはどのようなものか

コンピュータや通信機器、電気製品などに製品に有害な化学物質を使用してはいけないという指令が2003年2月13日にEU15か国で発令され2006年7月から実施されています。