RoHS6の概要と適用範囲

RoHS6とは、EUのRoHS指令に基いて指定された有害物質6品目のことで、鉛・水銀・カドミウム・六価クロム・ポリ臭素化ビフェニル・ポリ臭素化ジフェニルエーテルが該当します。

年々規制が厳しくなるRoHSに対応するRoHS分析

RoHS分析とは、EC(欧州連合)域内で、家電・コンピューター・通信機器などの電気・電子機器において有害な化学物質の使用を禁止する、RoHS指令に元づいた材料が使用されていないかどうかの分析を行うことです。

RoHS分析の基礎知識

電気製品や電子機器類をヨーロッパ諸国に輸出する場合には、有害な化学物質が所定の範囲内であることを示す必要があります。

RoHS分析により安全な製品作りを

RoHSとは、「RestrictiononHazardousSubstances」の略で、日本語に訳すと電気・電子機器の中に含まれる危険物質を規定し、物質の使用を禁止する旨の指令のことを意味しています。

RoHS分析で検出する物質

電子機器などに使われる物質には人体や環境に影響を与える有害物質が含まれている恐れがあります。